top of page
  • 執筆者の写真石塚

My Way(Lyrics:Paul Anka 翻訳オレ)

My Way(Lyrics:Paul Anka 翻訳オレ)



And now, the end is near

いま、人生が終わるとき


And so I face the final curtain

そう、最後の終幕のとき


My friend, I'll say it clear

友達ちゃん、僕ははっきり言えるよ


I'll state my case, of which I'm certain

確信したことがある


I've lived a life that's full

人生を十分に生きた


I traveled each and every highway

どんな恐怖があっても進んでこれた


And more, much more than this, I did it my way

それはね、恐れよりも、もっと自分自身をやったからなのさ




Regrets, I've had a few

後悔? ほんの少しあるかなあ


But then again, too few to mention

でも、いまさら、あえて言うほどのことはない残っていない


I did what I had to do and saw it through without exemption

しなきゃいけないことは、してきたつもりだ


I planned each charted course, each careful step along the byway

いちおう、人生の設計図を描いてみたり、脇道にも逸れてみたりした。


And more, much more than this, I did it my way

だけどね、それ以上に自分を信じたんだよ。




Yes, there were times, I'm sure you knew

あー あったよね。 君も知っている。


When I bit off more than I could chew

噛んで、噛んで、噛んで、分かろうとして


But through it all, when there was doubt

それでも、疑いが残るときには


I ate it up and spit it out

一からやり直そうと、食ったものを、吐き出したりした


I faced it all and I stood tall and did it my way

僕はむき出しになって立ち向かう時も、自分を信じたのさ。






I've loved, I've laughed and cried

僕は愛し、笑い、泣いた。


I've had my fill, my share of losing

十分に満足しているけど、自分の分け前を失った経験も人並にあるよ。


And now, as tears subside, I find it all so amusing

いまは、ココロは落ち着いて、経験を観察できるようになったよ。


To think I did all that

ぼくの経験を振り返ってみると


And may I say, not in a shy way

なんの迷いもなく言えるよ


Oh, no, oh, no, not me, I did it my way

僕の話をどう思った? 気づいたことは、ただ自分をやるってことさ。



Lyrics : Paul Anka

For what is a man, what has he got?

人は何のために、何を得るために。


If not himself, then he has naught

自分にウソをつけば、虚と無が近づいてくるぜ。


To say the things he truly feels and not the words of one who kneels

自分が感じる本質に近いものを表現する。誰かに言わされる事なんてウソだ。


The record shows I took the blows and did it my way

周りから攻撃されることもあったけど、”The record”は見せてくれる。自分をやれってことを。


Yes, it was my way

そう、それが表現するってことなのさ。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ポエム1

内に潜んでいた希望の能力が外に出てきたので、オレは変わる。 失望や絶望から逃げなくとも、それをキャッチした上で生きていける。 人が好きになる。 何かを始める時の、最初のポジショニングが、どこか分かった。 ただこれらは予感の世界なので、罰や倫理や死を身体で受け止めていく。 すごく簡単に言うと、オレは泣き止んだ。

Comentarios


bottom of page