top of page
  • 執筆者の写真石塚

「Social Good Roasters 千代田」(就労継続支援B型施設)

株式会社ビーンズ 代表の坂野さん。ある媒体でインタビューさせてもらったのをキッカケに仲良くなりました。


坂野さんは、障がい者でも日々を豊かに暮らすことができる社会をつくるため、障がい者ヘルパーを事業を主に展開していましたが、色々と支援の幅を広げている!!

その坂野さんが、千代田区で初となる精神障がいの方の就労支援(精神障害者就労継続支援B型施設 )をオープン!


就労継続支援B型施設とは、一般企業などでの就労が困難な方に働く場を提供し、知識と能力の向上に必要な訓練を行うところです。


といっても洒落たカフェっす!


まずびっくりしたのが、コーヒーが美味しいこと。今日はアイスコーヒーを注文したのですが、雑味が少なく、スッキリしてて、めずらしく全部飲めました。


その理由は、豆の選別をしていること。


貝殻豆や割れ豆、虫食い豆、俗に言う焼きの入らない死に豆などの欠点豆を取り除くと、コーヒーから雑味がなくなりスッキリします。


ここって人がハンドピックしないとなかなかできないんですよね。


そこを仕事にしている。うーむ なるほど。


他にハンドドリップやテイスティングをしている方もいました。きっと味や変化に敏感な人も多いから、そこってかなり仕事の相性が良さそうじゃんか。。。


あと、すごいのが焙煎機。


ギーセンという細かい操作ができる焙煎機があるのです。


ちょっと画面見せてもらったけど、火力、排気量、焙煎中の攪拌(かくはん)などが思うようにできそうだった。


これらはコーヒー豆(素材)の持つ良さをいい感じで引き出すのに必要な作業。豆って微調整で変わるのよね。


うーむ。これは良いところが会社の近くにできてしまったー。 またいきまーす。もう1年以上やっている 神保町サロンも、坂野さんところで一回開催させてもらおうかなー。


Social Good Roasters 千代田

千代田区神田錦町1-14-13 LAND-POOL KANDA TERRACE 2階




閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ポエム1

内に潜んでいた希望の能力が外に出てきたので、オレは変わる。 失望や絶望から逃げなくとも、それをキャッチした上で生きていける。 人が好きになる。 何かを始める時の、最初のポジショニングが、どこか分かった。 ただこれらは予感の世界なので、罰や倫理や死を身体で受け止めていく。 すごく簡単に言うと、オレは泣き止んだ。

Commentaires


bottom of page