top of page
  • 執筆者の写真石塚

哲学堂を散歩

孔子、釈迦、ソクラテス、カントを奉祀している哲学堂(中野)を散歩しました。哲学堂を作ったのは井上円了(いのうえ えんりょう)さんです。円了さんは、東洋大学を作った人で、バイアス・迷信から脱却するために、あえて妖怪研究をした業績もあるんです。


円了さんは、妖怪を4つに分類します。


・科学では解明できない妖怪を「真怪」

・自然現象によって実際に発生する妖怪を「仮怪」

・誤認や恐怖感など心理的要因によって生まれてくる妖怪を「誤怪」

・人が人為的に引き起こした妖怪を「偽怪」


と分類しました。


仮怪を研究することは自然科学を利用していくことですし、真怪は形而上学や超越論などとも関連してきます。哲学堂にいる猫ちゃん、懐く人にはココロを開いてくれます。









閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ポエム1

内に潜んでいた希望の能力が外に出てきたので、オレは変わる。 失望や絶望から逃げなくとも、それをキャッチした上で生きていける。 人が好きになる。 何かを始める時の、最初のポジショニングが、どこか分かった。 ただこれらは予感の世界なので、罰や倫理や死を身体で受け止めていく。 すごく簡単に言うと、オレは泣き止んだ。

コメント


bottom of page