top of page
  • 執筆者の写真石塚

「介護ケアにおけるコミュニケーションは、自動化できるのか。(神山晃男さん)」

独居シニアの安否確認、聞き書きサービスを展開している神山さんを訪ねました。テクノロジーを使って孤独を解消するサービスは日本の重要なコンテンツになりつつあります。


AIに食わせるデータをどうするのか、業界の知識(ドメイン知識)がある人のところでサービスが作られていく良い事例になっていくと思います。


そして、エクサウィザーズの湯川鶴章さんと一緒にAI新聞を作っていくことになりました。今後は「テクノロジー × 医療・介護」をベースに取材記事などをアップしていきます!


https://aishinbun.com/talk/20171229/720/

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ポエム1

内に潜んでいた希望の能力が外に出てきたので、オレは変わる。 失望や絶望から逃げなくとも、それをキャッチした上で生きていける。 人が好きになる。 何かを始める時の、最初のポジショニングが、どこか分かった。 ただこれらは予感の世界なので、罰や倫理や死を身体で受け止めていく。 すごく簡単に言うと、オレは泣き止んだ。

Comments


bottom of page